So-net無料ブログ作成

ふりがなの事を「ルビ」と呼ぶのはなぜ? [Word]

「ふりがな」で良いじゃん!

と思うのは私だけでしょうか?
たまに、会社でふりがなを降るときに、
「そこルビふっといて!」
と頼まれたりします。

ルビってなんやねん!
と最初は思ってましたが、
こっそり調べるとふりがなのことらしい。

なんと分かりにくい、、
そして訳のわからん言葉でしょうか。笑


なぜ「ルビ」と言うのか

そもそもなぜルビと言うのでしょう?

それは文字の大きさに由来するそうです。

先には"ルビ=ふりがな"と書きましたが、
正確には少し違う意味もあるそうです。

当初「ルビ」という言葉は、
"大きな文字の上に書く小さな文字のふりがな"
のことらしく、それが転じてただのふりがなも
「ルビ」と呼ばれるようになったとか。

実は、「ルビ」の語源は宝石のルビー
...だと思います笑

現在、文字のサイズと言えばpointですが、
その昔、英語の活字にはサイズによって様々な名前がつけられていました。

例えば、
4.0point[→]diamond(ダイヤモンド)
5.0point[→]pearl(パール)
6.5point[→]emerald(エメラルド)

そして、
5.5point[→]ruby(ルビー)
です。

つまり、一般的な文字のサイズ(10.5point)に
ふりがなとして書かれていた文字のサイズが
5.5point程度の大きさで、その大きさが 欧文活字でルビーと呼ばれていたので、
ふりがなをルビと呼ぶようになったのです☆


まとめ

いかがでしたか?まさかふりがなの呼び方が、
宝石の名前(多分)から来ているとは思いませんでしたね!

そう考えたらとってもオシャレな呼び名です☆

みなさんも「ふりがな」なんてダサい言い方やめて
明日からはルビと呼びましょうか☆笑












スポンサーリンク



nice!(2) 

nice! 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます